いろいろ 研修生の生活

「第14話」研修生の生活。新しく研修生が入ってきた。

投稿日:2020年2月7日 更新日:

あいかわらずキャディをして練習をする毎日です。

そんな時に急に新しい研修生が入ってくるとうわさがありました。

今回は新しい研修生が入ってきた話をしていこうと思います。

新人研修生とはどの様な人なのでしょうか?

前回の話を読んでいない人はこちらから↓

「第13話」研修生の生活。先輩とQTの練習ラウンドに行く。

それでは行きましょう。

 

新しく研修生が入ってきた。

いつもの様にキャディを終えるとプロから新しい研修生が入ってくるから宜しくと言われました。

入って来るのは来週です。

プロによると、その人は名門高校のゴルフ部出身らしいです。

年齢は私の1つ上。

舐められるなよと釘を刺されます。

今の私の実力は30台が出るのは3分の1。

つまりハーフ40前後で回っています。

果たして新しく入って来る人の実力はどの様な感じなのでしょうか。

その研修生の実力は?

いつもの様に朝練が終わるとプロに今日から入る研修生を紹介されました。

私と同じくらいの身長で(178cmくらい)体重は80キロくらいありそうなイカツイ人でした。

「今日からお世話になります。よろしくお願いします。」

いかにも名門ゴルフ部って感じの挨拶です。

陰気臭い私とは違い、清々しい後輩っぷりです。

まぁ、後輩とは言っても私よりかも1つ年上なので、私からすれば先輩です。

研修生はサラリーマンとは違い一般的には年上なら例え後から入って来ても先輩です。

つまり、一番下っ端は私。

もちろん敬語で話します。

他の先輩も興味津々。

今までのゴルフ生活はどうだとか、彼女がいるかとか。

ゴルフ部出身なだけあって礼儀正しく答えています。

読むゴルフも見習えよ。と初日からすでに上下関係が出来ています。

その人は高校では名門ゴルフ部のレギュラーだったらしく、相当上手だと思います。

キャディが終わり、私と同じ組みで回る事になりました。

その人の飛距離は当たれば270ヤード。

しかし、あたらなれば250ヤードほど。

ですが、他の研修生よりかは上手くありません。

私が普段プロテストに出るような先輩と回っているから感覚が麻痺しているのかも知れませんが。

実際上ってみると、スコアは40前後。

ショット的には私より良いのですが、スコアだけ見ると私と似たような感じです。

今まで、私だけがぶっちぎり下手だったので、良いライバルとなりそうです。

どうしてゴルフの研修生になったのか?

その人はどうして研修生になったのでしょう?

実家は商売をやっていて将来継ぐ事になっていたらしいですが、どうしてもプロになりたいらしくウチのコースの研修生としてやって来ました。

やっぱり、高校の名門ゴルフ部だったから何人もプロになっている人を見て来たんでしょう。

最初は実家から通っていましたが、1ヶ月もしないうちにゴルフ場の近くに一人暮らしを始めました。

 行動力がありますね。

その後

今までは私だけが下手でしたが、新しい研修生が入ってきた事によって、ニギリの負担が少しだけ減ってきました。

しかし、もっと上手くならなくては話になりません。

私と新しい先輩は毎朝走って9ホール回る事にしました。

やはり、同じ様な実力同士で回ると負けない様に頑張るので、いつもよりも集中しています。

2人ともこの様な感じで練習していたので、30台で回る事が多くなってきました。

もちろん、夜には一緒に練習場にも球を打ちに行っています。

私は毎日この先輩だけには負けないという強い気持ちを持って練習していました。

この先輩は波が激しく、良いショットもあれば、悪いショットもあるタイプでした。

一方私は波は少ないタイプ。

飛ばないけれど、あまり曲がらないので、大叩きはしないタイプです。

アプローチが良い時は寄せワンが取れてスコアが良くなります。

毎日データをノートに書いていましたが、フェアウェイキープ率はショートを除く7ホールで5回~6回と悪くありません。

問題はそれ以外にあります。

その問題をクリアするのが今後の課題ですね。

まとめ

今までは私だけぶっちぎりで下手でしたが、新しい先輩が入ってきたことで、モチベーションが上がりました。

ちなみにこの先輩は金持ちらしく良い車に乗っていて女性からモテているようです。

タイプ的には面倒見の良いオラオラ系です。

金持ちイケメンには負けるわけにはいかないですな!

今後この先輩と切磋琢磨してお互い上手くなれる事を願います。

それでは。

「第15話」研修生の生活。また車が壊れた!

-いろいろ, 研修生の生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私がゴルフツアーに出られなかった理由を考えた!反面教師にしてね。

プロゴルフトーナメント。 それは血の滲むような努力をし続けた者だけが出られるゴルフ業界1番の華やかな世界である。 と、かっこよく書いてみましたが、いわゆるゴルフツアーですねw 優勝すれば数千万円と複勝 …

女子プロゴルファー勝みなみがユーチューバに!

皆さん、こんにちは。 ここのところ新型コロナウイルスばかりで、花粉症のことをすっかり忘れていました。 マスクが品薄なので、花粉症の方はダブルパンチなのでは? 少しでも今の状況が改善してくれればよいです …

ゴルフで腰痛に苦しまない為に出来る事

あなたは腰を痛めたことはありますか? ゴルフを一生懸命取り組む人ほど腰痛になりやすいです。 私も研修生の頃は冬になると毎年腰痛に悩まされていました。 腰が痛いと何も出来ません。 私の場合、酷いと息をす …

今と昔のゴルフスイング理論の違い

ゴルフは歴史の古いスポーツです。 14世紀にイギリスのスコットランドで発祥した説が一般的です。 他にも様々な発祥説がありますが、ゴルフが文献に初めて登場するのが1457年にゴルフ禁止令がスコットランド …

ゴルフで会話に困らない雑談のルールを紹介!

雑談は会話の入り口。 会話をスムーズに始め、盛り上がるちょっとしたコツを押さえれば、これまで以上に新たな人との出会いを楽しめて、仕事もプライベートも充実していくこと間違いなしです。 ルールと言ってもシ …

プロフィール

PGAティーチングプロとして現役でレッスンしております。
高校卒業後ゴルフ場の研修生となったのちPGAティーチングプロになりました。なるべくわかりやすく記事を書いていきたいと思っておりますので宜しくお願い致します(^^)/