いろいろ レッスン

シャンクに悩んでいませんか?原因と対策を知ってシャンクとおさらばだ!

投稿日:

このショットをグリーンに乗せればベストスコアが出そうだ!

カシャ!っと嫌な音とともに右斜めに飛んでいき、結局ベストスコア更新ならず…

シャンクが出始めると止まらない…

緊張した場面だとまたシャンクが出るんじゃないかと心配になったりしますよね。

実は私も研修生時代にシャンクに悩まされていた時期があります。

今回はシャンクの原因と治し方をお伝えしていきます。

何故アイアンではシャンクするのにウッドでは出ない?

アイアンはシャンクするのにウッドはシャンクしないんだよなぁ〜なんて人は多いかと思います。

と、言うかほとんどの人がそうだと思います。

もしウッドでシャンクする人がいるとしたら、クラブヘッドの先端に当たって右斜めに飛んでいるのだと思います。

では何故アイアンはシャンクが出るのでしょう。

シャンクとはネック(シャフトとヘッドの接続部分)に当たることによって出ます。

クラブの構造上、アイアンはフェース面がネックより後ろにあります。

ウッドではネックよりもフェース面が後ろにありません(稀に後ろにあるクラブもあります)

アイアンでシャンクが出るのと同じスイングをウッドでしてもネックには当たらずにヒールに当たるのでアイアンほど右斜めには飛ばないのです。

シャンクが出る原因

ネックに当たることでシャンクなる事がわかりましたね。

何故ネックに当たるのか、説明していきましょう。

パターン1

アドレスでボールに近く立ちすぎる

アドレスでボールに近くに立ちすぎると、踵体重になりやすいです。

スイング中バランスを取ろうとしてアドレスよりインパクトの時の方がつま先に重心がかかる事によってシャンクが出ます。

パターン2

スイング軌道がずれている。

ダウンスイングで極端にアウトサイドイン、もしくはインサイドアウトになっていませんか?

極端なスイング軌道のずれもシャンクを引き起こします。

パターン3

ダウンスイングでフェースが開いて降りてきている

ダウンスイングでフェースが開いてそのままインパクトしていませんか?

フェースが極端に開くと先にネックが当たるのでシャンクになります。

パターン4

ダウンスイングで前傾姿勢が起き上がる

パターン1と似ていますが、ダウンスイングでつま先に重心がかかり前傾姿勢が伸びるのでアドレスより手元が前に出てシャンクします。

シャンクの治し方

どのパターンに当てはまったでしょうか?

一つではなく何個か当てはまったかも知れません。

原因がわかったところで治し方を説明していきます。

アドレスでボールに近く立ちすぎる人の治し方

アドレスしたら軽くその場で小さくジャンプして下さい。

ジャンプして着地した時は重心が足裏全体にかかるはずです。

腕は肩からダラりと真下に垂らし、そこでグリップします。

この位置が一番力の抜けた自然な位置となります。

正しいアドレスが出来れば体とグリップに拳1個は余裕が出来ます。

スイング軌道がずれている人治し方

スイング軌道を正しくするには様々なやり方があります。

ここでは簡単な方法を説明します。

スイング軌道がずれている人は大抵トップの位置もずれています。

トップで脇が空いてしまってシャフトクロスになったり、逆に脇を締めすぎてレイドオフになったり…

正しいトップの持っていき方のドリルを紹介します。

往復スイング

トップからフィニッシュまでいったら(ハーフスイングやスリークォーターのが良い)そのままトップに持っていくのを、行きと帰りのリズムを揃えて素振りをする事で力が抜けて無駄な動きをしなくなります。

1分〜5分くらい連続してやってみてください。

力が入っていると長時間は出来ませんので、長くやればやるほど力が抜けて、スイング軌道が安定してきます。

ダウンスイングでフェースが開いて降りてきている人の治し方

フェースを開く人の治し方は2種類あります。

フェースが開くのでローテーション(開閉)をあまりさせないのか、開いているものを返して合わせるのかの2種類です。

シャンクが出るくらい開いているのですから、開いているものを返すにしても、開きすぎは問題です。

ローテーションが大きくなればなるほど、インパクトゾーンが短くなるからです。

ここでは素振りでの治し方を説明します。

フェースが開いているかどうかの確認はバックスイングの途中のシャフトが地面と平行になった時を見ます(腰付近)

この時にフェースが前傾角度と同じ向きならOKです。

それよりも上を向いたり逆を向いているとフェースは開いています。

アドレスでできた両腕の三角形を崩さないように上げる練習をしてください。

ダウンスイングで開いている場合は右手の平が上を向いているかと思います。

(右打ちの場合)

右手の平が下を向くようにダウンスイングができればフェースは閉じてきます。

普通のスピードで治すのは難しいです。

ゆっくり素振りでチェックしてください。

ダウンスイングで前傾姿勢が起き上がる人の治し方

壁に頭をつけてシャドースイングをすれば前傾角度は維持されます。

頭だけでなくお尻を壁につけるのも効果があります。

何度も繰り返して感覚を養いましょう。

スライスの治し方で紹介したやり方と同じドリルも紹介しましたが、意外と原因は同じだったりします。

まとめ

シャンクが出ると次も出るのでは?と心配になります。

ここで紹介した練習を繰り返して、シャンクが出ないようにしましょう。

私の経験ではシャンクが出ないだけで気持ちに余裕がでてスコアが伸びてきます。

今はシャンクがでて辛いかも知れませんが、ドリルを繰り返すうちに治ってきます。

思った通りの球が出るように頑張りましょう。

それでは良いゴルフライフを(^-^)

-いろいろ, レッスン

執筆者:


  1. 岩井洋文 より:

    はじめまして。
    懇切丁寧な説明で非常に参考になりました。
    ありがとうございました。

  2. 岩井洋文 より:

    半年近くシャンクで悩んでおります。ホー厶コースのショートホールで発症(泣)
    それから、ショートホールにティーグランドに立つと、またシャンクが出るのではと不安に。案の定、シャンク!
    (150~160Yのショートホールで7or 8番を使用。ショートホールのティショット以外では、ほぼシャンクは出ないのですが)
    研修会では、4発連続シャンクして頭が真っ白になり、もう自信喪失して、ゴルフは辞めようかなと悩みましたし、ショートホールのティーショット専用に28°か30°のUT を買おうかなと真剣に考えておりました。

    昨夜読んだ記事の内容を参考に、先程練習場に行って来ました。6Iのフェースにショットマークを貼ってショットしたら、今まではネック寄りだった打痕が、ほぼセンター寄りに変わって来ました。🤣
    (2発程、ハーフシャンク😵)

    私のシャンクする主な原因は、ダウンスィング時に、身体が起き上がって手元が浮き、インサイドからフェースが開いてボールに当たってシャンク😵するのだと思います。
    今日、気をつけてショットしたのは、ダウンスィング時(切り返し時から)に、フェースが開かないように、早めにフェースターンをするようにした事です。
    結果は、ひっかけもなく今迄にない良い感触でショットが出来て、非常に満足しております。プロの配信記事のお蔭です。ありがとうございます‼️
    今、HDC 1 0 で半年以上、足踏み状態が続いており、シングル入りは無理かなと諦めかけていましたが、これで何とか自信回復出きれば良いかなと思っております。
    25日、27日(研修会)と、今月はあと二回ラウンドします。
    ショートホールでのショットが楽しみです。
    長々と、とりとめの無いコメントになり申し訳ありません。
    つい、嬉しくなり書き込みしました。
    これからも、応援致しますので頑張って配信宜しくお願い申し上げます‼️

    • 読むゴルフ より:

      コメントありがとうございます。原因がわかって良かったです。原因がわかれば、そこを治す練習をすれば必ず良くなります。
      シングルになれることを応援しております(^^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロブショットなんて使わんて!得意げに打つ人よく考えてみて

スティンガー、パンチショット、ロブショット、スピンアプローチ。 ゴルフにはカッコ良い技が沢山あります。 決まった時は気持ちいいですよね。 プロの試合でもロブショットが決まると歓声が上がります。 読むゴ …

スライスの治し方 原因と練習方法をお伝えします

またスライスでOBだぁ〜。 スライスしなければもっと飛ぶのになぁ。 俺の球筋は横にパワーフェードだ! なんて言っていませんか? 横にパワーフェードと言うなんてギャグのセンスがありそうだから同伴者だった …

ゴルフ初心者のクラブの選び方

「ゴルフを始たからそろそろ自分のクラブが欲しいけど何を買ったらいいか分からない」 こんな悩みを抱える初心者ゴルファーは多いと思います。 ゴルフクラブをセットで揃えようと思っても値段はピンきりです。 新 …

プロゴルファーが教える100切りの為の5つのコツ。初心者必見!

プロゴルファーが教える100切りの為の5つのコツ。初心者必見。 ゴルフを初めていくつもの壁がありますが、やっぱり大きな壁といったら100切りではないでしょうか。 プロゴルファーのように毎日練習できれば …

ゴルフ中のお酒の量に気をつけよう。お酒が抜けるまでの時間も紹介

読むゴルフ中の人 はいどーも。ビールは飲まない読むゴルフです。 ゴルフの楽しみ方は人それぞれです。 プロのように1打でもスコアを縮めるのが楽しみなアスリートゴルファーから、自然の中で楽しくプレー出来れ …

プロフィール

PGAティーチングプロとして現役でレッスンしております。
高校卒業後ゴルフ場の研修生となったのちPGAティーチングプロになりました。なるべくわかりやすく記事を書いていきたいと思っておりますので宜しくお願い致します(^^)/

ブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村