いろいろ レッスン

シャンクに悩んでいませんか?原因と対策を知ってシャンクとおさらばだ!

投稿日:

このショットをグリーンに乗せればベストスコアが出そうだ!

カシャ!っと嫌な音とともに右斜めに飛んでいき、結局ベストスコア更新ならず…

シャンクが出始めると止まらない…

緊張した場面だとまたシャンクが出るんじゃないかと心配になったりしますよね。

実は私も研修生時代にシャンクに悩まされていた時期があります。

今回はシャンクの原因と治し方をお伝えしていきます。

何故アイアンではシャンクするのにウッドでは出ない?

アイアンはシャンクするのにウッドはシャンクしないんだよなぁ〜なんて人は多いかと思います。

と、言うかほとんどの人がそうだと思います。

もしウッドでシャンクする人がいるとしたら、クラブヘッドの先端に当たって右斜めに飛んでいるのだと思います。

では何故アイアンはシャンクが出るのでしょう。

シャンクとはネック(シャフトとヘッドの接続部分)に当たることによって出ます。

クラブの構造上、アイアンはフェース面がネックより後ろにあります。

ウッドではネックよりもフェース面が後ろにありません(稀に後ろにあるクラブもあります)

アイアンでシャンクが出るのと同じスイングをウッドでしてもネックには当たらずにヒールに当たるのでアイアンほど右斜めには飛ばないのです。

シャンクが出る原因

ネックに当たることでシャンクなる事がわかりましたね。

何故ネックに当たるのか、説明していきましょう。

パターン1

アドレスでボールに近く立ちすぎる

アドレスでボールに近くに立ちすぎると、踵体重になりやすいです。

スイング中バランスを取ろうとしてアドレスよりインパクトの時の方がつま先に重心がかかる事によってシャンクが出ます。

パターン2

スイング軌道がずれている。

ダウンスイングで極端にアウトサイドイン、もしくはインサイドアウトになっていませんか?

極端なスイング軌道のずれもシャンクを引き起こします。

パターン3

ダウンスイングでフェースが開いて降りてきている

ダウンスイングでフェースが開いてそのままインパクトしていませんか?

フェースが極端に開くと先にネックが当たるのでシャンクになります。

パターン4

ダウンスイングで前傾姿勢が起き上がる

パターン1と似ていますが、ダウンスイングでつま先に重心がかかり前傾姿勢が伸びるのでアドレスより手元が前に出てシャンクします。

シャンクの治し方

どのパターンに当てはまったでしょうか?

一つではなく何個か当てはまったかも知れません。

原因がわかったところで治し方を説明していきます。

アドレスでボールに近く立ちすぎる人の治し方

アドレスしたら軽くその場で小さくジャンプして下さい。

ジャンプして着地した時は重心が足裏全体にかかるはずです。

腕は肩からダラりと真下に垂らし、そこでグリップします。

この位置が一番力の抜けた自然な位置となります。

正しいアドレスが出来れば体とグリップに拳1個は余裕が出来ます。

スイング軌道がずれている人治し方

スイング軌道を正しくするには様々なやり方があります。

ここでは簡単な方法を説明します。

スイング軌道がずれている人は大抵トップの位置もずれています。

トップで脇が空いてしまってシャフトクロスになったり、逆に脇を締めすぎてレイドオフになったり…

正しいトップの持っていき方のドリルを紹介します。

往復スイング

トップからフィニッシュまでいったら(ハーフスイングやスリークォーターのが良い)そのままトップに持っていくのを、行きと帰りのリズムを揃えて素振りをする事で力が抜けて無駄な動きをしなくなります。

1分〜5分くらい連続してやってみてください。

力が入っていると長時間は出来ませんので、長くやればやるほど力が抜けて、スイング軌道が安定してきます。

ダウンスイングでフェースが開いて降りてきている人の治し方

フェースを開く人の治し方は2種類あります。

フェースが開くのでローテーション(開閉)をあまりさせないのか、開いているものを返して合わせるのかの2種類です。

シャンクが出るくらい開いているのですから、開いているものを返すにしても、開きすぎは問題です。

ローテーションが大きくなればなるほど、インパクトゾーンが短くなるからです。

ここでは素振りでの治し方を説明します。

フェースが開いているかどうかの確認はバックスイングの途中のシャフトが地面と平行になった時を見ます(腰付近)

この時にフェースが前傾角度と同じ向きならOKです。

それよりも上を向いたり逆を向いているとフェースは開いています。

アドレスでできた両腕の三角形を崩さないように上げる練習をしてください。

ダウンスイングで開いている場合は右手の平が上を向いているかと思います。

(右打ちの場合)

右手の平が下を向くようにダウンスイングができればフェースは閉じてきます。

普通のスピードで治すのは難しいです。

ゆっくり素振りでチェックしてください。

ダウンスイングで前傾姿勢が起き上がる人の治し方

壁に頭をつけてシャドースイングをすれば前傾角度は維持されます。

頭だけでなくお尻を壁につけるのも効果があります。

何度も繰り返して感覚を養いましょう。

スライスの治し方で紹介したやり方と同じドリルも紹介しましたが、意外と原因は同じだったりします。

まとめ

シャンクが出ると次も出るのでは?と心配になります。

ここで紹介した練習を繰り返して、シャンクが出ないようにしましょう。

私の経験ではシャンクが出ないだけで気持ちに余裕がでてスコアが伸びてきます。

今はシャンクがでて辛いかも知れませんが、ドリルを繰り返すうちに治ってきます。

思った通りの球が出るように頑張りましょう。

それでは良いゴルフライフを(^-^)

-いろいろ, レッスン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルフの飛距離を伸ばしたい。曲がらず飛ぶのは至難の業

読むゴルフ中の人 あなたの飛距離はどれくらいですか? 200ヤード? 250ヤード? この質問をして正確に答えられる人は少ないです。 まぁ、そもそも何が正解かなんてよくわかりませんが。 大抵の人はナイ …

アイアンの飛距離を伸ばすコツ!

ゴルフはあがってナンボだよ。 よく聞く言葉ですね。 とは言えライバルが150ヤードを7番アイアンで打っているのに自分は5番アイアン。 それじゃあ悔しくないですか? 私は悔しいです! 出来る事ならライバ …

スランプから復活、ゴルフ界の美女藤田光里をまとめてみた

皆さん、こんにちは。 最近、コロナウイルスが深刻化してきましたね。 手洗いなどきちんとされていますか? コロナウイルス対策として、手洗いや除菌は必須です。 きちんと行いましょう。 そして、コロナウイル …

「第3話」研修生の生活。キャディを一人でやることになった日

研修生になって2週間、今まではキャディさんについて研修をしていましたが、いよいよ今日初めて一人キャディデビューです。 前の話を読んでいない人はこちら↓ 「第2話」研修生の生活。パターが下手過ぎて泣けて …

ゴルフ初心者はキャディ付きプレーで申し込んだ方がスコアが良くなる

あなたはキャディ付きでゴルフをプレーした事がありますか? キャディは贅沢だから付けた事無いといった方や、キャディ付きプレーした事があるけど、ほとんどはセルフプレーという人は最後までご覧下さい。 この記 …

プロフィール

PGAティーチングプロとして現役でレッスンしております。
高校卒業後ゴルフ場の研修生となったのちPGAティーチングプロになりました。なるべくわかりやすく記事を書いていきたいと思っておりますので宜しくお願い致します(^^)/