いろいろ 毒舌、ネタ

雇われゴルフインストラクターが良かったと思える点を説明!

投稿日:2020年2月1日 更新日:

読むゴルフ中の人
読むゴルフ中の人
どうも雇われインチキラクターの読むゴルフ中の人です。

インストラクターの辛さは以前書きましたが、嫌なら違う事をすれば良いだけです。

結局どうするかは自分次第。

という事で、今回はポジティブにゴルフインストラクターの良い面にスポットライトを当ててお伝えしていきましょう。

ちなみに以前書いた記事を読んでいない人はこちら↓

 

雇われゴルフインストラクターになったら悲惨だった件!

あくまでこの記事は私が思う事ですからね。

それを踏まえてお読みください。

それでは数少ない良い面を頑張って絞り出してお伝えしていきます。

ゴルフインストラクターになって良かった事

やっぱり一番は大好きなゴルフに関わる仕事という事ではないでしょうか。

普通の人がゴルフを考えるのは、休みの日にやるか、仕事が終わった後だと思います。

まぁ、中には仕事中ずっとゴルフの事しか考えていない人もいるかも知れませんが。

それがゴルフのインストラクターならゴルフの事をずっと考えていられます。

と、言うか仕事なので嫌でもずっと考えます(笑)

これはゴルフ好きならたまりませんね。

既婚のサラリーマンがゴルフをやると負い目を感じる事がありますが、インストラクターになればそれは勉強!

プライベートでゴルフに行く事だって、自己研鑽です。

今まではコソコソゴルフ雑誌や動画を見ていたのが、堂々と見れます。

全ては自分の勉強。

お客さんから聞かれた時に知らないのはプロとして恥ずかしい。

例え雇われている会社の理論しか教えてはいけないとしても、その他の理論を勉強しておく事も大切です。

好きな事を仕事に出来るのがゴルフインストラクターなのです。

他に良い面をあげるとすれば、インストラクターは生徒さんから先生やコーチと呼ばれる事が多いです。

先生と呼ばれる事ってあまりないですよね?

それこそ学校の先生や習い事の先生。

もしくは漫画家か政治家くらいです。

ゴルフを教えている時は立場が上なので、その事に対して優越感を感じる人もいるかもしれません。

自己顕示欲が強い人には嬉しいですね。

あとはゴルフはスポーツなので体を動かします。

練習場で教えるだけであれば殆ど動かないのですが、ラウンドレッスンなどは体を動かします。

極端に太っていたりすると、ゴルフに支障が出るので、食事管理をする人もいます。

意識の高い人はしているだけかもしれませんが、食事管理をしていれば、病気のリスクは下がります。

ゴルフインストラクターがやりがいを感じる時

ゴルフインストラクターのやりがいを感じる時は生徒さんが喜んだり納得した時です。

例えば、「ベストスコアが出ました。」とか「教わった通りにやったら良くなりました」

なんて言葉が嬉しいです。

自分のプレーが良くなるのも嬉しいですが、生徒さんのプレーが良くなってきている事が嬉しく感じます。

生徒さんが楽しんでレッスンを受けていれば、こちらも楽しくなってきます。

結局インストラクターのやりがいは生徒さんを楽しく上達させる事だと思います。

自分も好きなゴルフを自分も楽しみながらゴルフを教えられるのは最高です。

雇われだから良い面

雇われているとそれなりに制限をかけられますが、雇われだから良い面もあります。

雇われと言っても正社員の割合は1割程度ですので、ここでは契約社員や業務委託契約とします(正確には雇われではないかもしれませんが)

雇われのインストラクターはレッスンに集中出来ます。

自分でスクールを立ち上げたりしたら、集客、イベント、売上管理などやる事はレッスン以外にも多くあります。

そのようなレッスン以外の仕事をしないので(する場合もありますが)空き時間などに、どうすれば生徒さんを上手く出来るのか考える時間が増え、その結果レッスンに集中する事が出来ます。

雇われなので、万が一会社が潰れたとしても被害は自分がレッスンする場所が無くなるだけで済みます。

極端な話、その会社が潰れたら違う会社に雇われれば良いだけです。

これが自分でスクールを立ち上げていたらそうは行きません。

練習場に場所を借りて個人でレッスンをしていれば同じかもしれませんが、インドアスクールなどを立ち上げていたら、オープンするのにかかった費用があります。

通常は銀行などに借金をして立ち上げていると思います。

借金が返済できずに潰れた場合、その負担がかかってきます。

今はインドアスクールがかなり増えてきているので、その中で売上を出し続けるのはかなり大変です。

ゴルフが好きでインドアスクールを立ち上げたのに、レッスンよりも売上で頭を抱える人も多いです。

そのような心配がないのは雇われのメリットだと思います。

まとめ

今回は雇われインストラクターの良い面をお伝えしました。

今見返してみても、たいした事言っていないですね。

本当に稼ぎたかったら雇われではなく自分でやるのがよさそうですね。

結局そこかいっ!ってツッコまれそうですね。

それではより良い雇われライフを(^^)/

-いろいろ, 毒舌、ネタ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルフのフックの治し方 原因と対策

ボールが捕まる。 飛びすぎる。 強い球になる。 スライスしか出ない人からしたら羨ましい言葉かもしれません。 しかし、フックで悩んでいる人もいるのが現実です。 一般的にフックはスライスより球は低く強い球 …

ゴルフの日差しの影響を考える。サングラスにはデメリットも!

ゴルフは野外でプレーするスポーツです。 日差しの強い日もあれば曇っていて太陽が見えない日もあります。 あなたはこのような経験はありますか? ゴルフから帰ってきたら両腕が真っ赤になっていた。 ゴルフの日 …

ゴルフボールの選び方 プロはどんなボールを使っているの?

今度コースに行くんだけどどんなボールを買えばいいかわからない。 とりあえず売れているボールを選んでおくか。 ゴルフショップに行くと様々なボールがあって悩む事かと思います。 今回はゴルフボールについて説 …

アプローチでスピンをかける方法 超上級者向けの技術ですが決まるとカッコいい

トン、トン、キュキュ!!!「おっー!」 プロのトーナメントでバックスピンがかかっている場面を見て、自分もあんな風に打ってみたいなぁ〜と思ったことはありませんか? スピンで止めるアプローチは見ていてとて …

ベンホーガンのゴルフスイング・スイングプレーンを考えた伝説のプレーヤー・モダンゴルフはバイブルです

「歴代最強のゴルファーは誰だ?」 と聞かれたら誰を思い浮かべますか? タイガーウッズ?ジャックニクラウス?ボビージョーンズ? みんな伝説のゴルファーですよね。 この質問をプロゴルファーにしたら間違いな …

プロフィール

PGAティーチングプロとして現役でレッスンしております。
高校卒業後ゴルフ場の研修生となったのちPGAティーチングプロになりました。なるべくわかりやすく記事を書いていきたいと思っておりますので宜しくお願い致します(^^)/