いろいろ レッスン

フェードの打ち方を覚えて安定した公務員の様な男になろう!

投稿日:

あなたの持ち球は決まっていますか?

割合ならスライス系の球筋が多いです。

私個人の意見ではアマチュアはまずはドローを覚えた方が良いとは思いますが、フェードにはフェードの魅力があります。

 今回はフェードの打ち方やフェードのメリットを説明していこうと思います。

ドローがキムタクならフェードは安定重視の公務員という事になりますね。

イケメンのキムタクは婚活市場での需要がありますが、公務員の需要も年々増えているらしいです。

ちなみにドローの打ち方の逆となりますので、こちらの記事を理解出来ればフェードも打てるはずです↓

ドローボールの打ち方を覚えてキムタクになろう!ゴルフでモテる様になるコツ

実は私は研修生時代フェードを打っていました。

なので、フェードの良い面と悪い面を私の体験談とともにお伝え出来ればと思います。

 お酒もタバコもギャンブルも好きではないあなたにピッタリの球筋はフェードで間違いなし!

フェードのメリット

まずはフェードのメリットを上げていきます。

曲がり幅を計算しやすい

ミスしても飛ばない

スピン量が多いのでグリーンに止まりやすい

チーピンが怖くない

この様なメリットがあります。

フェードの1番のメリットはズバリ計算しやすいからでしょう。

ドローに比べて曲がり幅をコントロールしやすい球筋です。

ドローも上手い人はコントロールは出来ますが、明らかにフェードの方がコントロールしやすいと思います。

もちろん、普段ドローを打っている人がいきなりフェードを打ってドローよりも精度が上がるなんて事ではなく、持ち球として普段から使用するならフェードの方がコントロールしやすいという事です。

次にミスをしても距離が落ちるだけだから上りの簡単な場所から打ちやすいのもメリットです。

「えっ、飛ばないのがメリット?」

こう思う人がいると思います。

もちろんフェードを持ち球にしている人でも、ミスするときはフェースが左を向いて飛ぶミスをする人もいます。

しかし、ミスをするとフェースが右を向き、飛ばなくなって、狙いより右手前に落ちる人が圧倒的に多いのがフェードです。

グリーン面は通常ティイングエリアから見て上りの傾斜になっているので、右手前に落ちたのなら次のアプローチ、もしくはパットは上りになります。

つまり、ミスしても次が簡単なアプローチやパットになりやすいという事です。

逆を考えるとよくわかります。

もし、ミスをするとフェースが被って左奥に行くと、次は下りのアプローチか下りのパットが残ります。

下りと上りのアプローチではピンに寄る確率が全然違うのは、あなたも知っていますよね?

フェードはドローに比べてスピン量が増えます。

その為、グリーンで止まりやすいというメリットがあります。

 特に速いグリーンでプレーする時にこの差を感じると思います。

ドローヒッターはチーピンの恐怖が常に付きまといます。

チーピンとは、スピン量が足りずに大きく左に曲がるボールの事です。

フェードヒッターなら左を怖がらず振り抜けるのは大きなメリットです。

この様にフェードにはメリットが多いのです。

では、次にフェードのデメリットを見ていきましょう。

フェードのデメリット

フェードのデメリットを書いていきます。

飛ばない

スピン量が多いのでアゲインストの風に弱い

主にこの2つです。

「なんだ、大した事無いじゃん」

こう思われた人も多いと思います。

実際、フェードのが、メリットが多いので最近のツアー選手はフェードの選手の方が多いと思います。

飛ばないと言っても、昔より道具が進化して来たので、きちんと捕まったフェードは飛びます。

雑誌などにも最近はフェードのが飛ぶとか書いてあるのを見た事があるのでは?

プロレベルであれば、そうかもしれません。

しかし、私はアマチュアで、ドローからフェードにしたら飛ぶようになった人を見た事がありません。

アマチュアがフェードを打つ時、インパクトでフェースが開きます。

その影響で、スピン量が増えて風にも弱くなり飛ばなくなるのが最大のデメリットです。

私は研修生の時にフェードを打っていました。

確かに曲がらず、スコアは安定するものの1番のデメリットである飛距離に悩まされました。

飛んで上手くなりたければまずはドローで捕まえる動きを覚えてからフェードに変えるのをオススメします。

フェードの打ち方

フェードの打ち方を説明します。

フェードの打ち方もドローと同じで2種類あります。

スイングを変えずにスタンスを変えて打つやり方と、

スイングを変えてフェードを打つやり方です。

スイングが固まっているのであればスタンスを変えてフェードを打つ方が良いでしょうし、スイングが固まっていないならスイングを変える事をオススメします。

ここでは簡単なスタンスを変えてフェードを打つ打ち方を説明します。

  • クラブフェースを目標に向ける
  • スタンスを打ち出したい方向に向ける
  • クラブを握ってスタンスに沿って振る

これでフェードが打てます。

ドローの反対ですね。

これが出来れば安定したフェードが打てる事でしょう。

まとめ

前回のドローも打てて、今回お伝えしたフェードも打てる様になれば、球のコントロールは飛躍的に向上します。

しかし、気をつけて貰いたいのは、そのホールによって球筋を変えるのは良くない事です。

色々なボールを打てる様になると、実際のコースでも試してみたくなるものです。

練習と割り切れるのなら良いですが、スコアを出したいのなら、一つの球筋をベースとして考えた方がシンプルです。

 スコアを安定させるにはフェードを覚えれば、狙った所に行くようになるので、是非試してみてください。

安定したフェード。

これこそまさに堅実な人に合っている球筋ですね。

それではより良いゴルフライフを(^^)

-いろいろ, レッスン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

長いラウンドも怖くない!スムーズな会話で一歩先のプレーヤーへ

皆さん、こんにちは。いかがお過ごしですか? 自粛期間の続く中、人と会う機会も減り、いよいよコミュニケーションの取り方を忘れ始めている気がする…なんて人もいるでしょう。 コミュニケーション力と言えば、ゴ …

コロナデブを、フルスイングで吹っ飛ばせ!

新型コロナウイルスの影響で、都市封鎖待ったなしな現状。 楽しみといえば、家に籠もってお菓子ボリボリ、出前もぐもぐ…… そんで気づけば、知らんお肉が腹回りに? どうも。読むゴルフ影武者です。 腕にはやわ …

コロナはゴルフ場が安全?マスクは絶対にしてね。作り方も紹介

ハイどーも。 読むゴルフ中の人 暇を持て余している読むゴルフ中の人です。 これを書いているのは2020年4月19日。 コロナウイルス感染者がどんどん増えていますね。 海外でもすごい数の感染者になってお …

今と昔のゴルフスイング理論の違い

ゴルフは歴史の古いスポーツです。 14世紀にイギリスのスコットランドで発祥した説が一般的です。 他にも様々な発祥説がありますが、ゴルフが文献に初めて登場するのが1457年にゴルフ禁止令がスコットランド …

黄金世代のホープ新垣比菜選手についてまとめてみた!

皆さん、こんにちは。 コロナウイルスの影響が耐えない今日この頃ですね。 オリンピックはどうなるのでしょうか? 読むゴルフ中の人 せっかく日本で開催される記念すべきオリンピックの行く末が気になります。 …

プロフィール

PGAティーチングプロとして現役でレッスンしております。
高校卒業後ゴルフ場の研修生となったのちPGAティーチングプロになりました。なるべくわかりやすく記事を書いていきたいと思っておりますので宜しくお願い致します(^^)/