いろいろ レッスン

ゴルフのアプローチをオープンスタンスにする理由をレッスンプロが説明

投稿日:2022年1月19日 更新日:

読むゴルフ中の人
読むゴルフ中の人
はいどーも。PGAティーチングプロの読むゴルフです。

 

アプローチの時なぜオープンスタンスにするの?

 

このような疑問に答えます。

 

「アプローチの時はオープンスタンス」

ゴルフをある程度やっていると当然のように聞く言葉です。

実際プロもオープンスタンスでアプローチをする人の方が多いです。

それでは何故アプローチはオープンスタンスにしているのでしょうか?

 

読むゴルフ中の人
読むゴルフ中の人
意外と明確な答えを言えない人が多いのでは?

今回はゴルフのアプローチをオープンスタンスにする理由を説明していきます。

 

この記事を読んで得られる情報

・なぜアプローチをオープンスタンスにするのか理由がわかる

・オープンスタンスのメリット、デメリットがわかる

・正しいオープンスタンスのやり方がわかる

 

アプローチでオープンスタンスにする理由を簡単に結論を書くと

距離感を出しやすいからです。

詳しく知りたい人は最後までご覧下さい。

 

なぜゴルフのアプローチはオープンスタンスにするのか

 

ゴルフのアプローチはオープンスタンスで打てと昔から言われています。

理由も分からず言われるままオープンスタンスにしている人も多いのではないでしょうか。

 

僕もオープンにしているけど、みんなが言うからなんとなくしている。

 

今からなぜオープンスタンスにするのかメリットとデメリットを紹介しながら説明していきます。

 

アプローチでオープンスタンスにする3つのメリット

 

アプローチの時にオープンスタンスにするメリットはこちらです。

 

・距離感を出しやすい

・バックスイングの時に下半身が動きにくい

・フォローの回転がやりやすい

 

このようなメリットがあります。

 

オープンスタンスにすると目標に対して体がやや正面を向きます。

 

なぜ正面を向くと距離感が出しやすいの?

 

ゴミ箱にゴミを投げる時をイメージして下さい。

 

読むゴルフ中の人
読むゴルフ中の人
みなさん正面を向いて投げますよね?横を向いて投げる人はいないと思います。

 

バスケのフリースローだって正面を向くはずです。

人は横を向いた時より正面を向いたほうが距離感を掴みやすい。

オープンスタンスにすると正面で見る感覚に近くなり距離感が良くなります。

 

オープンスタンスにするとスクエアスタンスに比べて右膝の向きが内側になります。

右膝が内側を向いた状態で回転すると腰の回転があまりできなくなります。

膝がロックされるため通常より回らないのです。

グリーン周りのアプローチではコンパクトなスイングにすることがポイント。

バックスイングで腰が回らなくなればコンパクトになるので距離感が出しやすいのです。

 

 

オープンスタンスにすると初めから左を向いているのでフォローの回転がやりやすくなります。

フォローで回転し続けることでフェース面を変えずにインパクトすることができます。

 

アプローチでオープンスタンスにする2つのデメリット

 

アプローチでオープンスタンスにするデメリットも見ていきましょう。

 

・方向が狂いやすい

・球が上がりすぎる

 

このようなデメリットがあります。

 

オープンスタンスにすると方向が狂いやすいのが一番のデメリットです。

これは慣れの問題ですが、間違ったオープンスタンをしている人は方向性が悪くなります。

正しいオープンスタンスのやり方は後で説明します。

 

オープンスタンスにするとアウトサイドインの軌道になりやすく、アウトサイドインでフェースが開けば球は上がります。

 

 

フェースの上を滑って球が上がると距離が出ずに思ったより手前で落ちる可能性があるので注意しましょう。

 

何ヤードからオープンスタンスにすればよいのか?

 

何ヤードからオープンスタンスにすれば良いの?

 

レッスンをしていて良く聞かれる質問です。

 

読むゴルフ中の人
読むゴルフ中の人
オープンスタンスにするのはピンから30ヤード以内です。

 

それ以上になると距離を出すのが難しくなります。

オープンスタンスはフェース面を変えずに打つことができます。

しかしフェース面を変えないので飛距離は出ません

 

 

無理に飛距離を出そうとするとフェースが返り引っ掛けのミスが出ます。

 

 

無理をしないで打てるのが30ヤード以内という訳です。

 

アプローチはスクエアスタンスに構えるのとオープンスタンスにするのはどっちが良いの?

 

プロでもアプローチをスクエアスタンスで打つ人もいればオープンスタンスで打つ人もいます。

これはどちらが正しいなんて無いと思います。

 

読むゴルフ中の人
読むゴルフ中の人
打ち方よりも自分のイメージ通りの球を打つことの方が大切です。

 

なので、まずはシンプルに考えショットと同じようにスクエアスタンスで打ってみましょう。

もしそれでイメージ通りの球が打てているのであれば無理にオープンスタンスにする必要もないでしょう。

ただ、距離感が合いにくかったり、どうもうまくいかないと感じればオープンスタンスの方が良いこともあります。

こればかりは両方やってみて自分に合う方法を見つけるしかありません。

オープンスタンスにする場合間違ったやり方をしている人もいますので、正しいオープンスタンスのやり方を説明しておきます。

 

正しいオープンスタンスのやり方。肩のラインは平行に。

 

正しいオープンスタンスのやり方を説明します。

まず目標に対して平行に立ちます。

この時球を上げたければ左より、球を低くしたいなら右よりに置きます。

ここから球を中心に反時計回りでオープンスタンスにします。

 

 

オープンの度合いは少しだけです。

肩は目標に対して平行にします。

 

 

体重は7割ほど左足にかけてスイング中重心の移動をしないようにして打ちます。

フェースはオープンスタンスにしたら少しだけ開くと引っ掛けがなくなるのでおすすめです。

※正しく打てればフェースがスクエアでも問題ありません。

あとはこのまま回転で打つだけです。

 

 

極端にオープンにすると球が左に飛ぶので、少しだけにしておきましょう。

 

 

読むゴルフ中の人
読むゴルフ中の人
ポイントは球に対して反時計周りでオープンスタンスにすることと、肩のラインを目標に対して平行にすることです。

 

左足を引くだけじゃダメなの?

 

よく左足だけを引いてオープンにする人がいますが、これは間違いです。

 

 

左足だけを引くと体の正面が左を向くことになります。

そうすると正面から見ると球の位置がかなり右になるのです。

球に対して反時計回りでオープンにすることを覚えておきましょう。

 

ゴルフのアプローチをオープンスタンスにする理由まとめ

 

今回はゴルフのアプローチをオープンスタンスにする理由を説明しました。

オープンスタンスにすると距離感が合わせやすいメリットがあります。

しかし極端にオープンにするとそのまま左に飛んで行ってしまいます。

オープンスタンスと言っても少しだけにして体の回転で打てるようにすると良いですよ。

アプローチが苦手な人はこちらの記事も参考になるかもしれません↓

ゴルフのアプローチでフェースに乗せる感覚を身に付けよう。メリットも紹介

ゴルフのアプローチで左に飛ぶ原因をレッスンプロが写真付きで解説!

ゴルフ初心者がアプローチで使うクラブは何番がおすすめ?

-いろいろ, レッスン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルフ場に可愛いキャディなんていねぇ〜よ。期待するだけ無駄だ!

読むゴルフ中の人はいどーも。ゴルフ場で研修生をやった後ティーチングプロになった読むゴルフです。   ゴルフ場は可愛いキャディさんって多いの?   このような疑問に答えます。 &nb …

ツアープロでも6U!スギプロチャンネルが教えてくれたプロでも優しいクラブを使う時代

突然ですがあなたは6番アイアンどれくらい飛びますか? 160ヤード?180ヤード? だいたいそれくらいかなぁ~って思ったそこのあなた! 読むゴルフ中の人本当にそれだけ飛んでるの~? じゃあお前はどれだ …

成田美寿々のプロフィール。同期に鈴木愛がいる選手

皆さん、こんにちは。 新年も明けてまだ寒いですが、ゴルフはもうしましたか。 今年こそはベストスコアを更新しようと意気込んでいますか。 2019年のプロゴルフ界はしぶこフィーバーで盛り上がりました。 2 …

ロブショットなんて使わんて!得意げに打つ人よく考えてみて

スティンガー、パンチショット、ロブショット、スピンアプローチ。 ゴルフにはカッコ良い技が沢山あります。 決まった時は気持ちいいですよね。 プロの試合でもロブショットが決まると歓声が上がります。 読むゴ …

上田桃子のプロフィールを紹介

皆さん、こんにちは。 最近は小春日和でポカポカ陽気の良い日もありますが、突然の強い雨や強風に吹かれ、まだまだ肌寒い日が続いています。皆様は体調を崩しておりませんか? また、この時期は花粉症にも悩まされ …

プロフィール

PGAティーチングプロとして現役でレッスンしております。
高校卒業後ゴルフ場の研修生となったのちPGAティーチングプロになりました。なるべくわかりやすく記事を書いていきたいと思っておりますので宜しくお願い致します(^^)/

ブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村