いろいろ レッスン

ゴルフのダウンスイングの右肘の使い方は?

投稿日:2021年11月20日 更新日:

読むゴルフ中の人
読むゴルフ中の人
はいどーも。好きな食べ物はラーメン。読むゴルフです。

 

好きな食べ物ラーメンって底辺臭がすると思っているのは私だけでしょうか?

上流階級の人に好きな食べ物なんですか?なんて聞いたら 

 

帝国ホテルのインペリアルパンケーキいちご添えかしら

 

なんて返ってくると思うんですよ。

それなのに私ときたらアホずら下げて

 

読むゴルフ中の人
読むゴルフ中の人
ラーメンが好き〜

 

この辺から見直していこうかと考えている所存でございます。

、いつもの様に聞きたくもない私の話は置いといてゴルフのダウンスイングの右肘の使い方って意識したことありますか?

 

右手は使うなって言うから意識したことないなぁ〜

 

よくゴルフでは右手は使うな左手リードで球を打て。

なんて言われているので意識したことがない人もいるかと思います。

球が思った様に飛んでいるのであれば意識しない方が良いかもしれません。

しかし思った様に球が飛んでいない人は右肘の動かし方を知れば狙ったところに飛ばせる様になるかもしれません。

今回はゴルフのダウンスイングの右肘の使い方に焦点を当てて説明していきます。

右肘の使い方を覚えるとタメができて飛距離アップができますよ。

 

ゴルフのダウンスイングにおける右肘の役割

ゴルフスイングは左手リードと言われますが、右肘にも役割があります。

右肘はパワーを伝える役割です。

右肘が正しく使えるようになればダウンスイングの軌道がよくなり、腕とクラブのタメもできます。

タメができればインパクトに向けて一気にクラブを解放できるので飛距離が伸びるのです。

 

ゴルフにおけるダウンスイングの右肘のポジション

それではダウンスイングの右肘のポジションを見ていきましょう。

まず、色々説明する前にトッププロのダウンスイングの右肘をご覧下さい。

松山英樹

ローリー・マキロイ

アダム・スコット

どうですか、どのプロも右肘が体の近くを通っています。

トップでできた右肘の角度を保ったままダウンスイングをしていることが分かると思います。

右脇腹に付くようにしてダウンスイングをしているので前傾角度もキープされています。

これができれば球を思った通りに飛ばせるのですが、間違った動かし方をすると球は曲がるし飛びません。

次はよくある間違った右肘の使い方をお伝えします。

 

飛ばない人はダウンスイングで右肘が体の遠くから下りてくる。

アマチュアのダウンスイングで一番多く見かける間違った右肘の使い方が体の遠くから下りてくるパターンです。

 

このパターンの人はダウンスイングでクラブがリリースされて飛びません。

ヘッドスピードが速くてもインパクトではクラブフェースが上を向きスピン量ばかり増えて飛ばないのです。

クラブの軌道で言うとアウトサイドインで振る人が多いのが特徴です。

ダウンスイングで右肘が体の遠くから下りてくる人の原因は力の入りすぎ

このパターンの人が多いから昔から左手リードで打てと言われるのだと思います。

首や肩の力を抜いて切り返しでクラブの重さで落下させるだけの意識で良いでしょう。

上半身が脱力されれば右肘が離れなくなります。

 

ダウンスイングで右肘が体の遠くから下りてくる人の練習方法

おすすめはクロスハンド素振りです。

クロスハンドとは通常左手が上になるのを右手が上になるグリップです。

クロスハンドで握ると右肘が体に付いた形になるのでクロスハンド素振りで体の近くから下りてくる感覚を身に付けましょう。

 

フッカーに多いダウンスイングで右肘を絞りすぎるのもダメ!

ある程度ゴルフの知識がついてくるとダウンスイングでのタメが必要ということが分かってきます。

そんな人が陥りやすい間違った動きが切り返しで右肘を絞って腕だけでタメを作るパターン。

一見タメができているので正しいように見えますがこれも間違いです。

ダウンスイングで右肘を絞るとクラブが寝てきます。

クラブが寝ると腰は左へスライドして前傾角度が起き上がりクラブが下からあおるようになるのです。

 

ダウンスイングで右肘を絞りすぎる人の練習方法

ダウンスイングで右肘を絞りすぎる人はスプリットハンドで打つのがおすすめです。

スプリットハンドとは両手を離して握ることです。

この状態で打てば右肘を絞りすぎることなくダウンスイングを覚えられます。

 

ゴルフでダウンスイングの正しい右肘の使い方

正しいトップを作ったあとは上半身の力が抜けて体から切り返せればダウンスイングで右肘が右脇腹に付くように下りてきます。

この時にクラブのシャフトがボールを指すような角度になるのが正解です。

 

右肘が開くとシャフトは立って下りてきます。

反対に先程紹介したように右肘を絞るとクラブは寝ます。

どちらの動きも間違っているので気を付けましょう。

 

インパクトでは右肘は曲がっているのが正解

よく勘違いしている人が多いのがインパクトの右肘。

インパクトでは伸ばした方が良いと思ている人が多いのですが、インパクトでは軽く曲がっているのが正解です。

インパクトで右肘を伸ばそうとすると回転が止まり最下点でボールを捉えることになります。

これでは飛距離は出せません。

体の回転に腕が遅れて付いてくるのでハンドファーストになるのです。

 

まとめ

今回はダウンスイングの右肘だけに焦点を絞ってお伝えしました。

正しいダウンスイングでの右肘はトップの形のまま右脇に付く形です。

腕で作るのではなく体の回転についてくるので、このような形になります。

この形で打てるようになると飛距離が伸び狙ったところに打てるようになるのでできていない人は参考にしてみてください。

サンクチュアリゴルフの口コミは?特徴も同業他社インストラクターが判断

-いろいろ, レッスン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

打ちっぱなしの空いてる時間は?時間ごとの特徴もレッスンプロが紹介

読むゴルフ中の人はいどーも。レッスンプロの読むゴルフです。   打ちっぱなしの空いてる時間が知りたい   このような疑問に答えます。   本記事のテーマ 打ちっぱなしの空 …

ゴルフスイングの見方!細かい部分を見ると面白いかもしれないよ

ゴルフで、一目置かれたいそこのあなた! コースで寒いギャグを言うのは逆効果ですぞ。 読むゴルフ中の人寒いギャグは独り言でお願いします。 今回はもっとレベルの高いゴルフネタの提供です。 しかもこのネタは …

アイアンでダウンブローに打ちたいのならボール位置は左が良い理由

読むゴルフ中の人はいどーも。チーピンを持ち球にガンガン攻める!読むゴルフです。   プロの様な伸びのあるアイアンショット打ちたくないですか? プロが打ったアイアンショットは伸びのある球でなか …

ゴルフの自己流は上達しない?自己流の限界とは

あなたはゴルフは自己流で覚えましたか? それとも誰かに教わりましたか? そもそも自己流ってのはどこまでが自己流なのか判りませんが、半数以上の人は自己流かもしくはインストラクター以外から教わって始めたの …

ゴルフのフックの治し方 原因と対策

ボールが捕まる。 飛びすぎる。 強い球になる。 スライスしか出ない人からしたら羨ましい言葉かもしれません。 しかし、フックで悩んでいる人もいるのが現実です。 一般的にフックはスライスより球は低く強い球 …

プロフィール

PGAティーチングプロとして現役でレッスンしております。
高校卒業後ゴルフ場の研修生となったのちPGAティーチングプロになりました。なるべくわかりやすく記事を書いていきたいと思っておりますので宜しくお願い致します(^^)/

ブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村