いろいろ レッスン

最新のゴルフスイングの足の動きは地面反力。昔と何が違うの?

投稿日:2020年1月23日 更新日:

ゴルフの理論は時代と共に進化しています。

主に道具が進化する事によって理論も変わってきます。

パーシモンの時代は、スピンがかかりやすいボールの影響で、飛ばす為にはハイドローが必須でした。

それでは、最近はどのような理論が主流なのでしょう。

今回は10年前と比べてどのように変わってきたのか、足の今話題の地面反力と足の使い方を簡単に説明していきます。

興味のある方はお付き合いください。

ゴルフでの足の役割

まず、ゴルフの足の役割って何でしょうか?

これは色々な意見が出そうですね。

一般的に上半身を支える土台の役割や、力を出す役割などがあげられます。

いくら足を使えと言っても、SWAYするくらい左右に動かせば力が出るって訳でもありません。

多くのアマチュアは足の使い方を間違えています。

足の使い方が悪いと、軸が傾きミート率が悪くなったり、飛距離が出なくなったりします。

ゴルフ雑誌を見てみると、必ず足の使い方が書いてあります。

それを真似ようとアマチュアは試行錯誤しながら自分に取り入れようとします。

しかし、レッスンはその人の筋力や柔軟性、スイングタイプによって変わってきます。

残念ながら自分がどの様な動きが出来てスイングを変えられるのかわかるアマチュアはほとんどいません。

プロでさえ、正しい動きをわかっていない事も多いのですから。

勘違いしないで貰いたいのは、別に私が全てを知っているから凄いと言いたい訳ではなく、ゴルフは複雑な動作で成り立っているという事です。

特にトーナメントに出るような選手は感覚が鋭く、自然に効率の良い動きをしている事が多いです。

こう動かそうとか思っていなくても、結果的になっている事の方が多いと思います。

最近はビデオやパソコンの発達により、スイング中の細かい動きがわかってきました。

それでは足の使い方の違いについて見ていきましょう。

昔のプロは体重移動で飛ばす

昔と言っても少し前位のイメージをしましょう。

具体的に誰か参考選手を出したほうが良いと思いますので、片山晋呉(敬称略)を例に出しましょう。

片山晋呉の足の使い方はバックスイングで右足の角度を我慢して、ダウンスイングでは左足を踏み込んで(バンプ)打っています。

よく昔から聞くような動きですね。

実際に足の動きに注目してご覧ください↓

片山晋呉の動きがわかりやすいので今回紹介しましたが、今でも多くの選手がこのような使いかをしています。

最近の飛ばし屋は地面反力を使って飛ばす

最近の飛ばし屋の足の使い方を見ていきましょう。

ズバリ地面反力

最近よく聞きませんか?

どの雑誌を見ても地面反力と書いてあります。

ここでは最近の飛ばし屋キャメロンチャンプを例にとって説明していきます。

キャメロンチャンプの足の使い方はバックスイングで右膝が固定ぜず、その場で伸ばされます。

ダウンスイングではその場で突っ張るように地面を蹴り、左への体重移動はほとんどしません。

昔に比べ体重移動はしません。

そして、昔は悪いとされていた、バックスイングの右足が伸びる動作をしています。

その場で地面を蹴るように使う動きが地面反力です。

足に注目してご覧ください↓


詳しく知りたい人は色々な人が解説しているので検索してみてください。

最近の飛ばし屋は、地面反力を使い、昔より体重移動を抑える選手が多いです。

まとめ

今回は簡単に少し昔と今のスイングの足の使い方を紹介しました。

ゴルフ中継を見る時に選手がどのような足の動かし方をしているのか注目してみると、今までとは違った見方が出来ますよ。

それではより良いゴルフライフを(^^)/

-いろいろ, レッスン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルフスクールの選び方 レッスンを受けて上達しよう。

 「ゴルフを始めたいけどどうすればいいかわからない」 「最近スコアが伸び悩む」 「ゴルフ歴20年だからレッスンを受けるのは恥ずかしい」 このように思っている人は今回の記事を最後まで読んでくだ …

ゴルフのレッスンプロが語りたがらない資格のヒエラルキー。生活や給料はどんな感じ?

プロゴルファーって華がありますよね。 トーナメントで優勝すればお金のほかにも副賞として高級車までもらえちゃいます。 有名選手はテレビCMにも出れて、町を歩けばサインくださいと言われ、もはや芸能人のよう …

緊急事態宣言発動!コロナウイルスでゴルフ業界がピンチ!

ついに出ました。 緊急事態宣言! 外国では外出をするだけで罰則があるらしいですが、日本はどうなるのでしょうか? 期間は1ヶ月程度となっていますが、本当に1ヶ月で収まるのでしょうか? 本当の所は誰にもわ …

ゴルフの風を読む力を磨け!

あなたはゴルフで風についてどれくらい考えていますか? アゲインストだから1番手あげて打ったりしますよね? えっ、気にした事ないですか? 150ヤードだから7番と決めている? もし、風についてよくわから …

水泳でゴルフに必要な筋肉が鍛えられる!

ゴルフ上達のためには、練習場で球を打つのはもちろんだけど、土台となる体づくりも大事ですよね。 腕立て、腹筋、スクワット・・・思い立ってやってみたけど、これがなかなか続かない。 そんなゴルファーも多いの …

プロフィール

PGAティーチングプロとして現役でレッスンしております。
高校卒業後ゴルフ場の研修生となったのちPGAティーチングプロになりました。なるべくわかりやすく記事を書いていきたいと思っておりますので宜しくお願い致します(^^)/