レッスン 初心者

30ヤードアプローチを徹底的に練習すればゴルフが上手くなる!

投稿日:2019年11月17日 更新日:

どのような練習をすれば良いのかわからない。

練習するものの全然上手くならない。

このような悩みを抱えるゴルファーは多いと思います。

今回は地味だけど効果のある練習方法をお伝え致します。

結論を先に言うと30ヤードのアプローチを練習してください!

以上!

詳しく知りたい方だけ次にお進み下さい。

何故30ヤードアプローチなのか?

30ヤードのアプローチ。

これはよく言われるビジネスゾーンだからです。

※ビジネスゾーンとは腰から腰まで(9時から3時)の事です。

ビジネスゾーンが安定すれば球筋が安定してゴルフが上手くなります。

宮里藍プロもピッチングウェッジでの30ヤードが基本と幼い頃から父の指導を受けています。

私が言ってもたいして説得力が無いかも知れませんが、宮里3兄弟は来る日も来る日も30ヤードをPWで練習していたんですよ!

世界ランキング元ナンバーワンの宮里藍プロが!

ね。信憑性がかな〜り上がったでしょ?

なんだパクリ記事かと思ったそこのあなた!

決してパクリではありません!

昔から変わらないゴルフスイングの本質を私が少しだけ劣化させてお伝えしているだけです!

そこのところは雪の降る中1時間外に立たされた後のコーンポタージュスープを飲むかのような、あなたの温かい心で宜しくお願いします。

で、本題に戻ると

仮にビジネスゾーンが安定していれば他の部分が多少間違っていたとしても球は安定するのです。

実際変則的なスイングで有名なジムフューリックプロもビジネスゾーンだけ見ると正しいクラブの動かし方をしています。

下にYouTubeの動画を載せておきますのでビジネスゾーンのクラブの動かし方に注目して、タイガーウッズ選手と比べてみて下さい。

ね。腰から下はほとんど同じ軌道でしょ?

ビジネスゾーンが安定していれば球は安定するんです。

ビジネスゾーンの練習をするなら別にアプローチのクラブじゃなくてドライバーでも7番アイアンでもいいのでないかと思う人もいるかもしれません。

確かにスイングを良くするという意味ではどのクラブを使用しても同じかもしれません。

では何故アプローチで使うクラブにこだわるのか。

それはアプローチで使うクラブで30ヤードを練習すれば、スイングも良くなるし、30ヤードの距離感が身につくからです。

クラブはSW.AW.PWであれば普段あなたが使用しているクラブで構いません。

大切な事は自分の中で距離感の基準を作る事です。

しかも、コースに行くと30ヤード位の距離って凄く残りませんか?

前回のラウンドを思い出してみて下さい。

グリーンまで150ヤード。

イメージはピンそば30センチのはずがちょっと手前をダフってグリーン手前に落ちたから、次はピンまで30ヤード。

または、残り210ヤードグリーンの手前にはバンカーが手前にあるからバンカー手間に刻んだら、ピンまで残り30ヤード。

どうです?メッチャクチャありそうじゃ無いですか?

仮にこれが30ヤードじゃなくて40ヤードや20ヤードだとしても、

30ヤードの距離感があれば、それを基準に振り幅を微調整すればOKですよね。

ごちゃごちゃ言ってね〜で早く打ち方教えろ!と言われそうなので、次に打ち方をお伝え致します。

基本の打ち方

時計の文字盤を思い浮かべて下さい。

基本はクラブのシャフトが9時から3時のスイングです。

アドレスではスタンスを目標ラインにたいして真っ直ぐにして、体も傾かないようにまっすぐ立ちます。

30ヤードなので、スタンスは肩幅よりも少し狭いくらいで。

ここから、体の回転だけで降っていきます。

決して手先だけで振らないように、体と同調させる事が大切です。9時の位置ではフェースが背骨とほぼ同じ、もしくは上を向く位まで。

フィニッシュでのフェースは背骨と平行、もしくは上を向く位まで。

これをするだけです。

仮に30ヤード飛ばなくて20ヤードなら20ヤードの距離感だと思って練習して下さい。

まとめ

今回は元世界ランキングナンバーワンの宮里藍プロが幼い頃からやっていた30ヤードの練習方法をお伝えしました。

華やかなプロでも、こんな地味な練習を黙々と続けていたのですね。

これなら誰でも真似できます。

この練習を何度も繰り返し、あなたのものに出来たならスコアアップは間違いなしです!

もし、文句があるなら宮里藍プロのお父さんまで!

・・・

・・・

本当に文句言っちゃダメですよ。

私がプロゴルフ協会から追放される日も近そうです。

それではより良いゴルフライフを(^^)

-レッスン, 初心者

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パターの打ち方のコツ・パッティングを極めてスコアアップ

「これを決めればバーディーだ」 バーディーチャンス到来。 これを入れるのか外すのか、はたまた3パットになってしまうかでスコアは大きく変わってきます。 パター(パッティング)はスコアの約4割を占めます。 …

ゴルフスイングは速いリズムより遅いリズムの方が良い理由!

あなたのゴルフスイングのリズムは速いですか? それとも遅いですか? ゴルフ理論は色々ありますが、その中でもスイングのリズムは速い方が良いのか、それとも遅いリズムの方が良いのか悩むアマチュアは非常に多い …

鈴木愛のようになってみよう!アンシネにはなれない人にぴったり!

あなたはプロゴルファー鈴木愛をご存じだろうか? 私の記事を読んでくれている人にはおなじみのブ〇イク賞金女王である。 あっ、もし鈴木愛選手が好きな方がいましたら、すぐにこのページを離れる事をお勧めいたし …

ゴルフのアプローチの打ち方のコツ・これを覚えればグリーン周りは怖くない!

「ここからなら寄せワンが狙えそうだな」 「苦手なアプローチが残った、どうしよう~」 ゴルフは100ヤード以内のショットが60パーセントを占めると言われています。 ショットならある程度の失敗であれば、ア …

ゴルフ初心者はハーフセットは買うべきではない理由

ゴルフってお金がかかりますよね〜。 最近の若者はゴルフをやらなくなったと言いますが、やっぱり理由は金銭面でしょう。  お金が無いからとりあえずハーフセットを購入する人が後を絶ちません。 でも …

プロフィール

PGAティーチングプロとして現役でレッスンしております。
高校卒業後ゴルフ場の研修生となったのちPGAティーチングプロになりました。なるべくわかりやすく記事を書いていきたいと思っておりますので宜しくお願い致します(^^)/