いろいろ 毒舌、ネタ

夏のゴルフ場って暑い!ゴルフ場での熱中症・日焼け対策って…?

投稿日:

夏のゴルフ場って日差しをさえぎるものも少なく、芝生とはいえとても暑いですよね。

読むゴルフ中の人
読むゴルフ中の人
プレイに夢中になっていると気づいたらのどがカラカラで頭も何だかクラクラしてきた、なんて経験ありませんか?

ゴルフから帰ってくると顔や腕が真っ黒に日焼けしていた!なんてことも夏のゴルフあるあるですよね。

女性の方はともかく、男性の方ってあまり日焼け止めをこまめに塗ったりしないですよね?

でも日焼けって実は甘く見てると痛い目を見ることになります。

今回はそんないろいろなリスクがある夏のゴルフ場でも快適に過ごすための健康ハックをお届けしたいと思います!

ゴルフ場で熱中症になりやすいって本当?熱中症かもと思ったときのチェックポイント5

ゴルフ場は直射日光が激しくて日差しが容赦なく当たりますよね。

ゴルフ場には日光をさえぎる建物がなくプレイ中は常に夏のギラギラな日差しを浴びることになります。

直射日光を浴び、高温多湿のゴルフ場にずっといると否応がなしに汗が噴き出てきます。

このように多量の汗をかき、体温が上昇した状態を放置しているとなんと熱中症になってしまいます!

プレイ中に少しでも具合が悪いと思ったときの熱中症のチェックポイントを5つあげていくので体調がすぐれないと思った時の参考にしてくださいね。

もしかしたらその具合の悪さ、熱中症の症状かもしれません…

☆めまいや顔のほてり

☆筋肉痛・筋肉のけいれん

☆倦怠感・吐き気を感じる

☆汗が異常に出る・まったく汗をかかない

☆体が熱い・皮膚がいつもと違う

このどれかに当てはまったらすぐに熱中症を疑ってプレイをやめて休みましょう‼

もしゴルフ場で熱中症になってしまったらするべきこと

ゴルフ場で熱中症になったらとにかく周りの人に言って日差しがなく涼しいところに行くか連れて行ってもらいましょう。

軽度の場合は、応急処置が最も大事です。

まずは体を冷やして体温を下げ、水分と塩分を体に取り入れましょう

水分補給を行う際には、ただの水ではなく塩分を含む経口補水液やスポーツ飲料でないと熱中症が治るどころか悪化する危険があります!

塩分を含まない水分だけを大量に摂取していると、体内の塩分濃度を保つために体が勘違いして水分をさらに排出しようとして脱水症状が加速することもあります。

さらに体の中にこもった熱を下げるために、太い血管が集まっている首、脇、足などの部位に氷や水を当てたりして冷やしましょう。

体を冷やすには服を脱ぐことも効きます。

すぐにできる!ゴルフ場での日焼け対策

ゴルフ場での直射日光が体に与えるダメージは計り知れません…。一日ゴルフ場にいて熱中症は避けられても日焼けをまったくしないなんてことは難しいですよね。

でも対策をきちんとすればゴルフ場に一日いても日焼けをせずに過ごすことができるんです!

読むゴルフ中の人
読むゴルフ中の人
日焼けを防ぐために一番大事なことは、日焼け止めをこまめに塗りなおすことです!

日焼け止めにはSPF○○という表示が必ずありますよね。これって数字が大きければ大きいほど一回に塗ってから日焼け止めの効果が切れるまでの時間が長いんです。

でもいくらSPFが高いものを塗ってもしばらく時間がたてば効果は切れてしまい日焼け止めの意味がなくなってしまいます。

それを防ぐためにも日焼け止めはたっぷりケチらずこまめに塗りなおしましょう!

炎天下でも100%のコンディションでプレイしたい!

夏のゴルフ場での健康対策を説明していきましたがいかがだったでしょうか。

日本の夏は高温多湿で本当に熱中症になりやすいんです。じめじめとしていて気温も高い炎天下のゴルフ場ではマックスの力を出してプレイするのも大変かもしれませんが、しっかりと水分補給や休憩をとることで快適にプレイしましょう!

休日に普段のストレス発散でゴルフ場に行ったのに、対策をしていないせいで体のコンディションが悪くなった…なんてことがないように夏のゴルフ場にはちゃんと暑さ、日焼け対策をしてから向かいましょうね。

ゴルフのマネジメント。100切りの為の基本的な考え方

-いろいろ, 毒舌、ネタ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おうち時間は、ゴルフ練習で決まり?!

目次 コロナによる外出自粛要請が続く中、自宅での過ごし方は?ゴルフの素振り練習で消費できるのは〇〇カロリーゴルフ1ラウンドで消費できるのは〇〇カロリーコロナによる外出自粛要請が続く日々。楽しみながら乗 …

スピードゴルフはマラソンとゴルフのいいとこ取りの競技だよ

ゴルフは芝生の上を歩いてプレーするので気持ちいいですよね。 普通の人なら芝生の上を歩いているだけで気持ちいいはずですが、どうせなら走りたくてウズウズしている人はいませんか? 普段マラソンをしている人な …

次世代スター安田祐香はスイングも参考になる選手

皆さん、こんにちは。 ゴルフシーズンも終わり、今年の初めに立てた目標は達成できましたか? ベストスコアは更新できましたか? 飛距離はアップしましたか? また来年に持ち越しですか? やっぱりゴルフは難し …

今と昔のゴルフスイング理論の違い

ゴルフは歴史の古いスポーツです。 14世紀にイギリスのスコットランドで発祥した説が一般的です。 他にも様々な発祥説がありますが、ゴルフが文献に初めて登場するのが1457年にゴルフ禁止令がスコットランド …

アマチュアのお手本にすべきはイ・ボミだ!!

こんにちは皆さん。 今日は女子プロゴルファーと言えば誰もが一度は耳にした選手イ・ボミプロのご紹介をさせて頂きます。 イ・ボミプロが有名な理由の一つにとても恵まれた美貌があります。 写真で見てもとてもお …

プロフィール

PGAティーチングプロとして現役でレッスンしております。
高校卒業後ゴルフ場の研修生となったのちPGAティーチングプロになりました。なるべくわかりやすく記事を書いていきたいと思っておりますので宜しくお願い致します(^^)/