いろいろ 毒舌、ネタ

初めてのゴルフ。始めてみたいけど一人でも大丈夫?

投稿日:2020年5月22日 更新日:

こんにちは!

最近ゴルフを始めてみたいなと思っているのですが、一人で始める勇気がなかなか出ません。

経験といえば幼いころに父に連れられて何度か行ったくらい。

そこで今回はゴルフを始めてみたいけど一人でも大丈夫なのか不安に思っている方必見。

初めてでも、一人ででも、始められる方法について考えてみました。

これを見ればゴルフへのハードルが下がるかも…!?

※今回は知り合いの20代女性に書いてもらいました

そもそもゴルフって一人でできるの?

私が一番不安に思っていたのはこれなのですが…。

まず結論からお伝えすると、できちゃうんです!!

よくゴルフと聞くと何人かで一緒に打ちながらコースを回っていく場面を想像しますよね。正直私もそう思っていました。

でもそれは慣れた人のお話で最初からコースを回れるわけではないんです。

なぜかというと最初のうちはクラブがボールに当たらないから。

クラブにボールを当てるのって難しいんです。

そんなの簡単だよ!と思うかと思いますがこれが本当に当たらないんです。

そういえば、私も昔行ったとき当たらないで父に八つ当たりしたような…。

クラブにボールが当たらないのにコースに出るわけにはいきませんし、もしコースに出たとしても周りの邪魔をしてしまいます。

なにから始めたらいいの?

そう思った方もいると思います。

そんな方におすすめなのはゴルフ練習場での打ちっぱなしです。

そうか!と思った方もいれば、打ちっぱなしって何?って思った方もいらっしゃると思います。

ちなみに私も父に連れられて行ったのは打ちっぱなしだったな。

打ちっぱなしとはその名の通りひたすら出てくるボールを打つ場所です。

ボールを打つだけと聞くと退屈に聞こえるかもしれませんが、これが意外と楽しいんですよね。

まずは打つことに慣れる、クラブにボールを当てることに慣れていきましょう。

え?そんなの楽しくない!と思っていても最初は当たらなかったボールがだんだん当たるようになり飛ぶようになっていくのは爽快です。

当たらなくてもゴルフをしている、って事実が嬉しかったりもします。

しかも打ちっぱなしなら一人で練習に来ている人もたくさんいるので周りの目を気にする心配も少ないですよね。

これなら一人でも簡単に始められそうです。

ゴルフ練習場に行ってみよう

それでもまだ不安だ!という方のために

実際にゴルフ練習場へ行くときの予習をしてみましょう。

最初は用意するものから。

まず必須なのがグローブです。

ちょっと驚きませんでしたか?

私は驚きました。クラブじゃないの?って思いました。

ゴルフと聞くとクラブさえあれば大丈夫なのかと思っていたのですが、むしろクラブは練習場でレンタルできる場合もありますのでわざわざ用意しなくてもいいんだそうです。

それよりも最初のうちは力加減がわからず思いのままに何度もスイングをしてしまうので手の皮が剥けることもしばしば…。

そうならないためにもグローブは必須なようです。しかも右利き用・左利き用があったりサイズがあったりするので購入時には注意されてください。

次に服装です。

コースだとドレスコードがあったりするようですがゴルフ練習場は動きやすい服装ならOK。

Tシャツにズボン、スニーカーやスポーツシューズでいいとあれば仕事帰りやちょっとした合間にでもできそうですね。

そして最後に練習場での基本の流れです。

基本はフロント受付、支払い→ボール準備→練習で楽しむ→片付けになります。

フロントに行って必要事項を記入します。このときに「ゴルフは初めてで…」と伝えれば丁寧に教えてくれるはずです。

受付が終わったら指定された場所へ行きボールを購入にします。

ここで気を付けてほしいのがボール販売機です。

お金を入れるとボールが出てくるのですが、出口にかごをセットされていないとボールが辺り一面に…ということがありますので必ずボールを買う際は出口にかごがセットされていることを確認してから購入するようにしてください。

そしてプレー。

最初はフルスイングはせず小さなスイングから楽しんでください。使うクラブは7番アイアンがオススメだそうです。

プレーを楽しんだ後は片づけて終わり。

なんだかこれなら一人でも始まられそうな気がしますね。

最初ゴルフと聞くとおじさん達を想像していました。

でも実際色々調べていると結構女の人も多いんですね。

運動不足やダイエット、コミュニティーの場として活用されていたりするそうです。

しかも練習場によってはゴルフレッスンを行っているところもあったりもするようなので心強い。

よく案ずるより産むが易しといいますが、案外やってみると簡単で気軽なのかもしれませんね。

しかも最初に用意するものがグローブだけでいいとなると始めない理由がありませんよね!

最初は不安かもしれませんがこれをきっかけにゴルフを始めてみようかなと思います。

 

ゴルフでコースデビューするためにはどうするべきか解説

-いろいろ, 毒舌、ネタ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オヤジは、ゴルフで友達をなくす?オヤジだと思われないために

ゴルフを一緒にすると友達になれると言われています。 なぜゴルフを一緒にすると友達になれると言われているかというと、長時間一緒にいるのでその人の人となりが出るのです。 プレーとゴルフ場への往復も含めて1 …

ゴルフの流行を追うのってどうなの?やっぱり基本が大切だよ

地面反力、パッシブトルク、Aスイング、GGスイング。 読むゴルフ中の人これを全て知っていたらあなたはかなりのゴルフ好きですね。 最新のゴルフ理論を勉強するのは良いことだと思います。 でも気をつけてくだ …

「第11話」研修生の生活。先輩2人が最終プロテストから帰ってきた。結果は?

今回は私の所属しているゴルフ場の先輩研修生がプロテストから帰ってきた話をしようと思います。 前回の話を読んでいない人はこちらから↓ 「第10話」研修生の生活。ついにドライバーを買ったのだが落とし穴が。 …

ゴルフとキャディとその年収

珍しくキャディ付きでプレーして、その実力の高さに驚いた経験ありませんか? 私は、母親以上の年齢であろう女性が、コースは詳しいし、クラブ選定は適切だし、盛り上げるし、その実力の高さに驚いたことが多々あり …

キャディは見た!実在する卑怯なゴルファー

どうも、元キャディの読むゴルフの中の人です。 私が都合の良いように元キャディだったり、元研修生だったり、現役プロゴルファーだったりいろいろ変えていくカメレオンゴルファー(卑怯者ともいう)、それが読むゴ …

プロフィール

PGAティーチングプロとして現役でレッスンしております。
高校卒業後ゴルフ場の研修生となったのちPGAティーチングプロになりました。なるべくわかりやすく記事を書いていきたいと思っておりますので宜しくお願い致します(^^)/